×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パラオ 気候,パラオ 入国

パラオ入国の基本情報

査証(ビザ)
1.パラオ入国には、滞在日数+6ヶ月以上のパスポート残存有効期間と未使用査証欄1頁以上が必要。
30日以内の観光、商用、外交、公用目的の滞在はビザ不要。
ただし往復航空券所持が必要。滞在が30日を超える場合は現地延長が可。
詳しくはパラオ共和国日本大使館まで。
旅券(パスポート)
入国時6ヶ月+滞在日数 *旅券の未使用査証欄 1ページ以上が必要
出入国カード
パラオ入国の際、出入国カード(EDカード)と税関申告書の提出が必要です。
機内で配布されるのであらかじめ記入しておくと入国がスムーズになります。
→パラオ政府観光局ホームページの入出国カード・税関申告書の記入例
出国税
パラオを出国する際、空港にて出国税 $20(3歳未満無料+グリーン税$30.00(環境税) 合計$50が必要です。
チェックインを済ませたら並びのカウンターにて現金で支払います。
お帰りの際は、必ず現金$50を用意しておいてください。入国したらパスポートに$50入れておくと忘れないと思います。

パラオ出入国関税規制

入国時免税
通貨
米ドル10,000以上の持ち込みは要申告金貨及び金の持ちこみは要申告。

紙巻タバコ
20本まで。(2013年7月31日 法律改正)


成人1人に付き、2Lまで。

持ち込み禁止
植物、果実、肉類などの生鮮食品、 ハイチからの皮製品、ワシントン条約禁止品など。

※注意※ たばこに関しては、税関の職員も非常に敏感になっています。
特によく煙草を吸う日本人は非常に目をつけられがち。
免税店で購入していっても、結局は見つかります。
現在の課税額は、1箱$3.5です。2015年の1月からは$5に引き上げられます。

このページでは、訪問者の方が、安い価格、料金でパラオ旅行予約やパラオ旅行申込ができるように、楽天などのお店の販売店を調べ、 激安、格安、最安値で購入できるかどうか、キャンセル料はいつから発生?発券手数料は?ツアー代金は?燃油サーチャージは?などの情報を紹介する予定です。 公式サイトやブログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、 選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、結果、成果、メリット、 デメリットなど、ケースによっては、人気ランキング形式などで、比較していきます。オークション情報、在庫、在庫あり、 即納、正規、正規品かどうか、YouTube(ユーチューブ)からの情報などについても調査していきます。 また、最新のパラオ旅行の情報発信、パラオ地図の変更、パラオ旅行のテレビ放送予定、パラオのホテル情報、パラオ直行便の設定日、パラオ旅行の値段や設定日、 パラオ旅行のオプショナルツアーなどの情報を発信していきます。

パラオ最新情報
パラオ観光情報他